PR|練馬区、板橋区の注文住宅

マイホームにて「後悔しているポイント」としては、夫婦の寝室を大きく取りすぎてしまったかもしれないところですね。夫婦の寝室として12畳のスペースをとっているんですが、8畳とか6畳とかでも良かったかも知れません。

なぜった、夫婦の寝室は本当に「寝るだけの部屋」ですからね。ですから、「寝るだけの部屋」にそんなにスペースを割かなくてもいいというものじゃないですか。ベッドが二つ置ければいいのです。実際に、夫婦の寝室では睡眠とベッドでゴロゴロするぐらいしかしていませんからね。

ベッドで横になること以外は、「服を着替える」ということぐらいでしょうか。夫婦の寝室にはウォークインクローゼットもつけられています。ですから、ウォークインクローゼットで服を選んでベッドに選んだ服をおいて着替える〜といったぐらいですね。

そう考えていくと、やはり広い寝室は必要なかったというものです。それならばもう一室作れば良かったなーと、ちょっと後悔していますね。

マイホームにて「成功しているポイント」子供がいるので、家造りの際にはとにかく「収納」をたっぷりとるように心がけましたね。子供部屋の収納は二部屋ともに、壁一面は収納にしました。そしてまた、リビングルームに関しても壁一面収納をつくっています。また、上着を収納しておくクローゼットとして玄関横にも作っています。そしてもちろん土間収納も作りました。

他には、夫婦の寝室にはウォークインクローゼットも作っています。ゲストルームにも壁一面収納を用意して、布団やその他「普段は使わないもの」を入れてあります。とにかく、収納を作るのならば中途半端ではなく、たっぷりめに収納を作っておきたかったのです。

これが功を奏していますね。マイホームが完成して新居に住み始めた当初こそ、クローゼットの中はすかすか気味だったものですが、もう子供が10歳にもなりますと「足りるかしら」と思うぐらいになりますからね。子供が社会人になる頃にはまた一気に無くなるのでしょうけれど、やはり小中高生ぐらいは荷物が捨てられずパンパン気味になるということですから、たっぷり収納を作っておいて良かったです。

PR|英語上達の秘訣|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|アフィリエイト相互リンク|サプリメント|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|心の童話|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|初値予想|JALカード|